インスリンはブドウ糖が細胞に入るための通行証

ブドウ糖は体に必要なエネルギー源

私達の体は、食べものの成分を吸収する事で活動のエネルギーを得ています。体に役立つ成分は色々ありますが、3大栄養素といわれる糖質・たんぱく質・脂肪が最も必要とされ、中でも糖質は手軽に摂れて活動する上では大切な栄養素となっています。

糖質とは、炭水化物のうち繊維を除いたものをいいますが、穀類に多く含まれるデンプン、砂糖の主成分である蔗糖、果物の甘味である果糖などが、これにあたります。
この糖質が、肝臓でブドウ糖に変えられてエネルギー源になるのです。

血液中には、常に一定濃度のブドウ糖(この濃度を血糖値という)が含まれており、細胞はここからエネルギーを得てます。体を動かしたり、頭を働かせるのも全て、血液中のブドウ糖を筋肉や脳の細胞が取り入れているからできるのです。

通常は、必要以上にブドウ糖が増えると、余った分をグリコーゲンという違う物質に変えて肝臓や筋肉に蓄え、さらに余分なブドウ糖は脂肪に変えて皮下脂肪という形で、先々に備えて貯蔵します。そして、運動などをしてたくさんのエネルギーが必要な場合は、蓄えていたグリコーゲンを再びブドウ糖に戻して利用する仕組みになっています。

このように、糖質が体内で巧妙に変化する事を「糖質代謝」といい、健康なときは糖質代謝がスムーズに行われますが、体のどこかに故障が生じるとエネルギー変換がうまく出来なくなってしまいます。
ブドウ糖をエネルギー源として利用する、あるいは貯蔵するにはインスリンが必要で、これが不足していたり、細胞が十分に利用できない状態にあると、せっかく摂ったブドウ糖が生かせません。
このような事が原因となって引き起こされる病気が、糖尿病なのです。

ですから、糖尿病、肥満、ダイエットなどで何かと悪者にされがちな糖質(ブドウ糖)ですが、摂らずにいたら生命にかかわるほど大事な栄養素である事を知っておきましょう。

なぜインスリンが大事なのか

インスリンは、膵臓で分泌されるホルモンです。膵臓には、二つの大きな作用があり、一つは強力な消化液である膵液を十二指腸へ分泌して(外分泌作用)、腸での吸収を助ける事。
そしてもう一つが、血液中へのインスリンの分泌(内分泌作用)です。

膵臓の中には、ランゲルハンス島(発見者であるドイツ人医師の名前からつけられた)と呼ばれる約100万もの特別な細胞からなる小さな細胞郡(α、β細胞など)があり、主に糖質代謝に関係するホルモンが分泌されています。
β細胞でインスリンを作り、貯蔵し、必要に応じて血液中に放出されています。
体の細胞が食べ物の成分をエネルギーに変えたり、蓄えたりするときに、インスリンが利用されるのです。

インスリンが体内で利用されるには、体の細胞の表面にあるインスリンを識別するレセプターにインスリンが触れる入り口のドアが開き、ブドウ糖を取り入れる仕組みになっていますので、インスリンが不足するとどんなにブドウ糖があっても入り口のドアが開かず、取り入れることが出来なくなります。
そうなれば、当然エネルギー源として消費する事も不可能です。

そこで、血液中にブドウ糖が溢れてしまい、血糖値がなかなか下がらないという状態になるのです。つまり、インスリンはブドウ糖が入り口のドアを通過して細胞に入るための通行証の役目をしています。
これによって、体内では一定の血糖値を保っており、通常は食後に小腸から多量のブドウ糖が吸収される為の血糖値は上昇しますが、エネルギーとして利用する為に膵臓からインスリンの分泌も盛んになる為、1~2時間後には元の濃度に戻ります。また、インスリンには肝臓に作用してブドウ糖の放出を抑制する働きもあります。

では、血糖値が下がってしまったらどうなるのでしょう。
そのときは、膵臓のランゲルハンス島のα細胞から分泌されるグルカゴンというホルモンが、肝臓に蓄えられているグリコーゲンを分解してブドウ糖に戻し、血糖値を上昇させます。
こうして、インスリンとグルカゴンの相反するホルモンがブドウ糖の量を調整し、血糖値を一定に保っているのです。

血糖は大変重要で、特に生命活動の中枢である脳細胞には不可欠ですから、血糖値を上げるために何重もの対策がなされ、血液中のブドウ糖が少なくなると糖質だけではなく、タンパク質や脂肪もエネルギー源として動員されます。
グルカゴン以外のホルモンも作用して血糖の量を一定に保とうとするわけです。
ところが、血糖値を下げる事ができるホルモンはインスリンだけで、これに変わるものが無いから大事なのです。

シイタケ菌糸体なら「ゴールドメルファイン」がおすすめ!

会員様は10%OFF

会員登録はこちら 新規会員登録

会員になるとお買物の度に住所などを入力する手間がかかりません。もちろん入会費、年会費など全て無料です。
割引などの特典もありますので是非ご登録ください。

  • 「田七人参100」無料お試し価格で販売中!(メルファインの「田七人参100」が選ばれる理由とは?)
  • 定期購入のご案内
健康マガジン