C型肝炎ウイルス

「肝心要」(かんじんかなめ)とい言葉があるほど、肝臓は人間にとって大切な臓器です。
大変大きな予備能力を持っており、別名「沈黙の臓器」とも呼ばれていますが、これは少しくらい病気に冒されてもなかなか自覚症状が現れず、何か症状がでたときは、かなり進行していることが多いという意味です。

肝臓の病気には、脂肪肝、アルコール性肝障害、薬剤性肝障害、自己免疫性肝炎、ウイルス肝炎などいろいろありますが、日本で最も多いのがウイルス性肝炎です。
ウイルス性肝炎にはA型、B型、C型、D型、E型が知られていますが、日本で多いのはA型、B型、C型です。
この中で特に恐れられているのが「C型肝炎」です。

C型肝炎とは?

C型肝炎は、肝炎を起こすウイルス(C型肝炎ウイルス HCV)の感染により、6ヵ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。

C型は一般に発症がゆるやかで症状も軽い為、感染に気付かない人もいます。
C型肝炎の最大の特徴は慢性化しやすいことであり(80%ほど)、一度、慢性化してしまうと、長い期間をかけて少しずつ悪化し、最終的には肝硬変や肝がんへと進行する可能性が高いことで恐れられています。
しかし、現在はその進展を抑えるさまざまな手段がありますから、できるだけ早い段階で自分の病状に気付くことがいかに重要であるかが痛感されます。

C型肝炎 感染経路

C型肝炎ウイルスは血液によって、感染します。その感染経路は「輸血」と「その他」の二つに分けられます。
輸血による感染を「輸血後肝炎」と呼び、その他の経路による感染を「散発生感染」と呼びます。

輸血後肝炎は約80%が慢性化します。
C型肝炎の患者さんからつくられた非加熱血液製剤の投与を受けた人の場合も、輸血後肝炎と同じ経路をたどります。非加熱血液製剤がもとで肝炎になった患者さんの団体から、実態の把握と救済措置を求める声がでております。

散発性肝炎のC型肝炎はいろいろなルートからの感染によりおこります。
衛生状態の良くなかった時代の医療行為、注射針の使いまわし、治療針を複数に使う鍼灸治療、人工透析、手術、歯科治療、入れ墨、ピアスの穴あけ、覚せい剤の静脈注射の回し打ち、出血を伴う民間療法などです。
そして、頻度は低いものの、母子感染などがあります。
C型肝炎ウイルスはウイルスの混入している血液が皮膚を突き破って体内に侵入しない限り、感染は成立しません。
握手や、同じ皿のものを食べたり、一緒にお風呂に入るなどの日常生活での感染は心配ありません。
性感染や母子感染も専門家の間で報告はあるものの、実際は極めてまれとされています。

C型肝炎-感染力は弱いが慢性化しやすい

C型ウイルス肝炎には、いくつかの特徴があります。

  • 感染力が弱い

    これは、感染源となるキャリアの血液中のウイルス量がB型よりはるかに少ない為です。
    B型の場合、ちょっとした針事故等でも感染して発病する可能性があるのですが、C型の場合は少々の事では感染しません。

  • 持続性感染になりやすい

    B型の場合、成人になってからの初感染では急性肝炎だけで治ってしまうので慢性化することはほとんどありません。
    しかし、C型の場合、成人の初感染で急性肝炎になると半数以上の人が慢性肝炎に移行していきます。
    急性肝炎の症状としては非常に軽いのですが治りにくいです。

以上の点から全体としてC型肝炎ウイルスは、大変扱いにくいものとなっています。
まだ解明されていない点も多いのですが、近年、献血時にカイロン抗体を検査するこ とによりC型肝炎ウイルスを含む血液を見つけ除外しています。
さらに第2世代の検査法が加われば、輸血後肝炎は激減するものと思われます。

シイタケ菌糸体なら「ゴールドメルファイン」がおすすめ!

会員様は10%OFF

会員登録はこちら 新規会員登録

会員になるとお買物の度に住所などを入力する手間がかかりません。もちろん入会費、年会費など全て無料です。
割引などの特典もありますので是非ご登録ください。

  • 「田七人参100」無料お試し価格で販売中!(メルファインの「田七人参100」が選ばれる理由とは?)
  • 定期購入のご案内
健康マガジン