肝臓ガン患者ほとんどがC型肝炎

急増する肝臓ガン

最近の統計によると、肝硬変を中心とする「慢性の肝疾患」は30~64歳の年齢層の死因の順位(不慮の事故などは除く)の第4位、65~74歳の年齢層では第5位を占めています。
さらに看過できない点は、死因の第2位(第1位が脳疾患、3位が心臓疾患)であるガンの中で肝臓ガンによる死亡者が、男性で約2万3000人、女性で約9000人に達していることです。
現在、肝疾患で死亡する人は年間4万人を超えており、そのうちに約3万人が肝臓ガンといわれているばかりか、この数字が増加傾向にあるということです。

肝臓ガンが他のガンと異なるのは、そのほとんどがB型肝炎ウイルス(HBV)ないしはC型肝炎ウイルス(HCB)の持続感染からくる慢性肝疾患(ほとんどが肝硬変)によって発生している点です。
そして、その経過をみると肝硬変では年間約7%、慢性肝炎では約2%に肝臓ガンが発見されているのです。
一見少ないように見えるこの数字は、例えば肝硬変肝を30万人、慢性肝炎患者を150万人として計算した場合、年間3万人の肝臓ガンが発生することになるのです。
しかも、注目すべき点は、その7~8割がC型慢性肝炎によるものということです。
それに加えて、最近、社会問題になっている80年代に止血剤として使用された血液製剤「フィブリノゲン」によってC型肝炎に感染し、キャリアとなって存在している人たちがどれほどいるか掴みきれていないのも、C型慢性肝炎患者を増加させる一つの要因となっています。
これは、まさに国民病をいっても過言ではない多さなのです。

キャリアには症状が現れている場合と現れていない場合がある

キャリアとは、肝炎ウイルスの保有者のことですが、肝炎ウイルス自体は肝細胞を破壊しませんので、ウイルスとの共存関係が成り立ちます。
日本肝臓学会のデータでは、C型肝炎のキャリアを約215万人と推定しています。
C型肝炎ウイルス・キャリアには、すでに症状が現れて治療を受けている慢性肝炎の場合と、自覚症状のないまま社会に潜在している無症候性の場合があり、後者は献血者などのデータから38~72万人は存在すると推測されます。
無症候性キャリアはC型肝炎ウイルスが体内にいるのに自覚症状がなければ肝機能障害も起こしていない状態で検査をするとウイルスは抗体は要請、GPT値は正常という結果が示されます。
つまり、持続感染はあるけど、肝臓に炎症が無い人達です。
しかし、体内には確かにC型肝炎ウイルスが住み続けているわけですから、将来はC型肝炎が慢性化し、肝硬変、肝臓ガンという経過をたどる危険性があります。
そのうえ、献血や人間ドックの経験がなければ本人は感染に気付いていませんので、感染源になる危険性までも持っているのです。
これがC型肝炎の対応を難しくしている要因でもあります。

なぜC型慢性肝炎の治療がむずかしいのか

B型慢性肝炎の場合は、母子感染によってキャリアとなり、免疫システムが働き始めた成人後に発症するケースがほとんどですが、これは1割程度です。
大部分のキャリアは思春期以降に体内にウイルスの中和抗体ができて自然治癒しており、無症候性キャリアとなって発症せずに一生を送る人もほんの一握りと言われています。
しかも、幻のウイルスといわれていたHBVの正体もほぼ解明されたことで、現在はワクチンやHBグロブリンによる予防法も確立され新たな発生は激減しているということです。
また、成人になってから性交渉などで感染して急性肝炎にかかった場合も、キャリアとなって慢性肝炎に以降するケースは少ないとされています。
それに比べてC型慢性肝炎の場合は感染してキャリアとなったり、急性肝炎が発症して慢性肝炎に移行する確立が極めて高いのです。
これはウイルスの性格の違いによるもので、B型肝炎ウイルスの遺伝子が安定したDNAに対して、C型肝炎ウイルスは不安定なRNAだからです。
ウイルスの本体は核酸と呼ばれる物質からできていますが、これにはDNA(デオキシリボ核酸)とRNA(リボ核酸)も2種類があり、C型肝炎ウィルスのようにRNA型の2種類があり、C型肝炎ウイルスのようにRNA型の場合はウイルスの表面に膜があり、その中にコアと呼ばれる芯のようなタンパク質があって、RNA核酸は遺伝子の塊が包まれています。
ウイルスは、単に遺伝子情報の塊ですから、細菌などのように自分では増殖できないため、体内に侵入すると細胞内に入り込んでそこを乗っ取り、ウイルス(変異ウイルス)にどんどん変わっていくのです。
このようなことがものすごい勢いで行われていますから、ウイルスに対して免疫ができたり、薬剤が作用したことしても、しばらくすると新種のウイルスになっていて効果がなくなるのです。
DNAウイルスに比べて、RNAウイルスは非常に不安定で突然変異を起こしやすいため、慢性化しやすく、ワクチンを作るのも難しいわけです。
これは、インフルエンザウイルスも同様で、未だに風邪の特効薬がないのも、このような理由からです。
さらに、C型肝炎ウイルスには6種類以上の遺伝子の型があり、1a と1b型、2aと2b型、3aとその他に大別され、日本人に最も多いのが1b型で全体の70%、次いで2a型が20%ですが、唯一の治療法といわれるインターフェロンが効きにくいものも1b型なのです。
これがまた、日本人のC型慢性肝炎治療を難しくし、蔓延させる状況を招いているわけです。

シイタケ菌糸体なら「ゴールドメルファイン」がおすすめ!

会員様は10%OFF

会員登録はこちら 新規会員登録

会員になるとお買物の度に住所などを入力する手間がかかりません。もちろん入会費、年会費など全て無料です。
割引などの特典もありますので是非ご登録ください。

  • 「田七人参100」無料お試し価格で販売中!(メルファインの「田七人参100」が選ばれる理由とは?)
  • 定期購入のご案内
健康マガジン