放置しておくと進行を続けるC型慢性肝炎

肝炎が6ヶ月以上続くと慢性肝炎に

肝炎とは、肝臓全体におこる炎症のことをいいます。肝炎が起こると、肝臓は赤みをおびて大きく腫れ、触ると痛みを感じます。
急性肝炎ではこのような状態がはっきりと現れます。
これを顕微鏡でみると、ところどころで肝細胞が壊れている様子(肝細胞壊死)がみられ、その細胞のそばには必ずリンパ球が存在しています。

A型肝炎の場合はRNAの遺伝子を持ちながらも非慢性型のウイルス感染症のため、感染直後の急性期の短い間には激しい症状が現れますが、肝炎ウイルスが消えると同時に病気も治り、慢性化したり再発することはありません。

一方、C型肝炎には慢性型のウイルスの為、感染時にはほとんど症状がないのに、肝炎ウイルスは体内に居すわっていますので、急性肝炎の多くがウイルス感染を維持して慢性肝炎に進行し、数十年という年月をかけて肝硬変に進み、肝臓ガンが発生します。
同じウイルス肝炎でも、このように肝炎ウイルスの性格の違いによって炎症のパターンにも違いがでてきます。

慢性肝炎とは急性肝炎の症状が出てから6ヶ月以上肝臓の機能が正常化せず、肝炎ウイルス陽性の状態が続くことをいいます。
その特徴は、肝臓の組織に炎症細胞であるリンパ球の浸潤が起きていて、線維化と肝細胞の壊死がみられることです。(リンパ球は白血球の一種で、本来はリンパ筋、脾臓、骨髄、血液中にあるもので、種類もいろいろありますが、細胞障害性リンパ球が組織に出てくること、そこに炎症が起こります。そして、組織に中にリンパ球が出てくる状態をリンパ球浸潤といいます)

ウイルス性肝炎を、肝炎ウイルスが肝臓で増殖を続けて悪さをしていると思っている人が多いのですが、直接肝細胞を攻撃するわけではありません。
肝炎ウイルスは、長期にわたって活動と休止を繰り返しながら、基本的には体の組織との共存を図ろうとしています。
けれでも、ウイルスが活動期に入ると、体内の免疫システムが働いてウイルスを攻撃しはじめ、その際に感染している細胞も破壊してウイルスを排除しようとするのです。

その結果、GOT, GPT といった肝細胞内にある酵素が血液中に溢れ出して数値も高くなります。
つまり、肝臓の炎症は免疫システムが働いている現われというわけです。
それと同時に、肝臓は自らの強力な再生力、修復力によって新しい細胞に再生に努め、欠落している部分を埋めようとします。
しかし、ウイルスが活動と休止を繰り返すことで炎症が長期化し、肝臓の再生や修復作業が追いつかなくなって細胞をスムーズに元の状態に戻せなくなるのです。
その結果、細胞の壊死する範囲が徐々に広がり、肝細胞がいびつな線維化から肝硬変に至るわけです。

しかも、B型肝炎ウイルスに比べてC型肝炎ウイルスによる慢性肝炎は、はっきりとした自覚症状が現れず、体がだるいとか発熱が続くといった風邪の症状に似ているために見逃してしまうケースが多いのです。
発見が遅れれば遅れるほど、肝細胞の破壊が進んで治療も難しくなりますので、自分の肝炎の進行状態をしっかり把握して早めに手当てすることが重要です。

炎症と線維化をチェック

慢性肝炎が怖いのは炎症が続くことでやがて肝硬変、さらに肝臓ガンが発生することですが、定期的な肝生検を受けることで炎症の活動性や線維化を知ることができます。
炎症の活動性は、A0からA3までの4段階に分けられ、A0は細胞の壊死や炎症がない状態、A2は中等度の壊死や炎症がみられる状態、A3は高度の壊死や炎症がみられる状態とされています。

繊維化はF0からF4までの5段階に分けられ、A0は線維化がない状態、F1は門脈域に線維性拡大がみられる状態、F2は線維性架橋形成の状態、F3は小葉のひずみを伴う線維性架橋形成の状態、F4は肝硬変とされています。(犬山シンポジウム記録刊行会編)
この二つをみながら、例えばA3,F3の状態では肝硬変直前である、というように判断されるわけです。

また、現在では慢性肝炎の進行状態を知り、その情報とともに肝臓ガンになる確立を推測して予防できないかという研究もはじまっているそうですので、将来的には肝臓ガンが減少するかもしれません。

細菌は肝生検も超音波画像で監視しながら生検針を操作(超音波誘導下肝生検)するようになりましたので安全なうえ、引き金を引くだけで瞬時に組織を採取できる器具を使用しますから苦痛も減ってきたということです。

病気によってGOTとGPTの数値が変わることを知る

C型肝炎の大半が肝機能検査のGOTとGPTの以上によって発見されています。
この二つの検査値は肝機能をみるうえでの指標となりセットにされますが、実は別個のものなのです。(最近、GOTをAST,GPTをALTと呼ぶ傾向があり、国際的にも統一されつつあります)

健康な人の場合は、GOTの方がGPTよりも高めですが、急性肝炎になるとGOTが最初に上昇し、それからGPTが上昇します。
そして、病気が回復期に入るとGOTが下がりはじめ、遅れてGPTが下がるという経過をたどります。

慢性肝炎の場合は大多数がGPTの方が高くなりますが、肝炎が進行して線維化が進んで肝硬変に近づいてくると、GOTとGPTの数値の差が縮まってきます。
そして、肝硬変の場合はGOTとGPTの数値が逆転してGOTの方が高くなり、なおかつ数値としてもそれほど高くないことから一見、快方に向かったよううに見えるため、肝炎が治ったと誤解する人が多いのです。

GOTが筋肉などに多く分布しているのに対して、GPTは他の臓器に比べて肝細胞に非常に多く分布していることから、肝炎をみるうえではGPTのほうが信頼性が高いといわれています。
それはGOTは肝臓以外の臓器、例えば心筋梗塞などの以上も片影している可能性があるからです。

また、C型肝炎には肝硬変に進みやすく、慎重に対応しなければならない活動期があることも知っておく必要があります。
これは肝臓の炎症が急に強くなって検査数値や自覚症状、臨床症状などが急速に悪化する時期です。
以前は、慢性非活動性肝炎と慢性活動性肝炎に分けられていましたが、現在は新しい診断基準によって先のような「壊死と炎症」と「線維化」の程度でみるようになりました。

例えば、GOT,GPTが安定しているのに、だんだんと上昇して100単位を超えたまま横ばい状態が続いた場合、血液検査を受けると肝炎が活発になり、血小板が減って肝硬変に進行していることを示すことがあります。
その目安として、日常生活が可能な状態なら非活動性、生活が制約される状態だと活動性、と考えることができます。
しかし、活動性肝炎になっても治療を受けて安静にしていることで、非活動性の状態に再び戻ることもあります。
このように、GOTとGPTは進行具合によって細かく変化しますので、単に高い低いで一喜一憂することなく、その微妙な数値の変化を見逃さないようにして、病状を把握していることが、肝硬変を食い止める第一歩といえます。

シイタケ菌糸体なら「ゴールドメルファイン」がおすすめ!

会員様は10%OFF

会員登録はこちら 新規会員登録

会員になるとお買物の度に住所などを入力する手間がかかりません。もちろん入会費、年会費など全て無料です。
割引などの特典もありますので是非ご登録ください。

  • 「田七人参100」無料お試し価格で販売中!(メルファインの「田七人参100」が選ばれる理由とは?)
  • 定期購入のご案内
健康マガジン