免疫機能の低下が肝硬変を招きやすくする

自覚症状がなかなか現れない肝硬変

慢性的な炎症が続いて肝細胞が破壊されると、生き残った細胞が破壊された組織を修復しようとするため、肝細胞の再生と線維の増加が起こり、結節状の塊を一面につくってしまいます。
つまり、同じ場所で何度も工事を繰り返した結果、道路が痛んでデコボコになるのと同じように、破壊と修復が繰り返されると、本来は六角形をしている感小葉(肝細胞の集団)の形が不規則に肥大して歪み、滑らかだった肝臓の表面がデコボコになってしまうのです。

肝硬変はこうして肝臓の線維化が進み、肝臓全体が硬くなり、スジだらけになった状態をいいます。
肝硬変になると、肝臓の内部の血液循環に以上が生じて肝臓の働きが果たせなくなります。
硬化した肝臓には血液が流れにくくなる為、肝臓に流れ込めない血液が他のバイパスを作って流れようとします。この現れの1つが食道静脈瘤です。

肝細胞は破壊されても炎症が一時的なものであれば、再生と線維の増生も一過性で終わりますが、炎症が慢性化すると肝硬変を招きます。
ところが、厄介なことに肝臓は「代償能」という機能が備わっていて、肝臓の一部に障害が起こっても残りの部分がカバーして働くため、肝硬変になっても初期のころはきちんと働いていますから自覚症状が現れないのです。
この状態を「代償期肝硬変」といって我慢強く沈黙の臓器であるがゆえに病状を進行させてしまうという、裏目にでることのある機能でもあります。

その後、病気が進行して代償期に働く肝細胞が」不足して「非代償期肝硬変」の段階に入り、ようやく自覚症状が現れはじめます。
しかし、肝硬変になってしまっても、それ以上進行しないように治療することで、残りの肝機能を大事に使えば維持できるので、生命活動には問題ないとされてきました。
それでも、実際にはC型慢性肝炎から肝硬変に、そして肝臓ガンへの進行をする人が後を絶たないのですから、やはり対象療法に限界のあることは否めません。

肝臓の線維化は、血液検査で知ることができますので、自分でもチェックする習慣をつけることが重要です。
まず、抹消系(赤血球、ヘモグロビン、白血球、血小板など)は肝臓の線維化が進むにつれて、数が減少してきます。
特に関係が深いのが白血球と血小板で、1マイクロリットンは線維化が進むと急に減少するほか、総コレステロール、コリンエステラーゼも減少します。
そして、先にも説明したように、GPTのほうが高かったのが逆転してGOTが徐々に上昇し、高くなったら要注意です。

検査数値に振り回されるのはよくありませんが、C型慢性肝炎は活動性肝炎、代償期肝硬変、非代償期肝硬変と進行し続ける病気ですから、自分が今どの状態にいるのか、その経過を把握することが大切なのです。

免疫力の差が慢性肝炎の進行を左右する

C型肝炎に冒されて、慢性化する人としない人、肝硬変や肝臓ガンに移行してしまう人としない人がいるのは何故でしょう。
それが免疫力の差なのです。

免疫力とはウイルスなどの外敵に対抗して体を守ろうとする本来人間に備わっている力をいいます。
外敵を排除する免疫システムを支える細胞や物質には、リンパ球、マクロファージ、インターフェロンなどのサイトカン、白血球、免疫グロブリン(抗体)などがあり、これらを活性化することで免疫力は高まり、ウイルスなどを排除することができるのです。
反対に免疫力が低下してウイルスが感染部で増殖してしまうと、治る病気も治らなくなって症状が悪化してしまいます。
したがって、慢性肝炎を悪化させないためには、免疫力を高めておくことが大切です。
特に、ウイルスに有効な薬がない以上は、肝炎ウイルスに応戦してくれるのは免疫しかありません。

では、どのように免疫力を高めれば良いのでしょう。
そこで、注目されているのが「BRM(免疫調整物質)」です。
BRMは、それ自体ではウイルスなどの病原体にほとんど効果を示しませんが、生体の免疫系に作用して様々な方向に活性化して作用をもたらす物質のことをいいます。
主に免疫細胞であるマクロファージやリンパ球に作用し、インターフェロンなどのサイトカン(免疫刺激物質)を産生させる働きをしていることから、ウイルス性肝炎にも効果を発揮するといわれています。

肝臓に炎症が起きているということは、そこには免疫システムによってリンパ球などの免疫細胞が集まって闘っていることを意味しますので、免疫力を高めればさらにリンパ球などが活性化して早く炎症を鎮めることができるのです。
つまり、BRMがインターフェロンなどを刺激して分泌を促し、分泌された多くのインターフェロンがリンパ球などの免疫細胞を活性化して機能を高めた結果、免疫力がアップしてウイルスを攻撃し、鎮静化を図るという仕組みです。

ここで分泌されるインターフェロンは、もちろん自分自身がつくりだした自然の物質ですから一番体に合っており、激しい副作用がおきるはずはありません。
しかも、BRMは体内にある免疫力を広範囲にわたって穏やかに刺激して助けるという作用の仕方をしますので、安全性も高いとされています。

免疫力を高めると、なぜ慢性肝炎が改善されるのか、これでお分かりになったのではないでしょうか。
単に炎症を抑えて肝炎の進行を阻止するだけでなく、ウイルスそのものを排除して根治させる可能性も秘めているのです。
これがひいては肝硬変を食い止め、肝臓ガンにならないようにする方法であるうえ、私達が日常生活の中で取り組める身近な予防策といえます。
では、BRM作用のあるものに何があるかというと、漢方薬やキノコ類などです。
免疫力を高める働きをすることから、慢性肝炎だけでなくガンなどにも有効といわれ、注目されているのです。

シイタケ菌糸体なら「ゴールドメルファイン」がおすすめ!

会員様は10%OFF

会員登録はこちら 新規会員登録

会員になるとお買物の度に住所などを入力する手間がかかりません。もちろん入会費、年会費など全て無料です。
割引などの特典もありますので是非ご登録ください。

  • 「田七人参100」無料お試し価格で販売中!(メルファインの「田七人参100」が選ばれる理由とは?)
  • 定期購入のご案内
健康マガジン