肝臓の病気「アルコール性肝障害」

アルコールの消費量増加とともに、肝障害も増えている。
「酒は百薬の長」といわれるが「酒に功罪あり」と考えたほうが良い。

年々増えるアルコール性肝炎

これまでに説明した肝臓の病気の中でもお酒=アルコールが原因となるものがいくつかありました。
脂肪肝、アルコール性肝炎、アルコール性肝硬変などです。
これらをまとめて、「アルコール性肝障害」とよんでいます。
もともと、日本人は欧米人に比べお酒には弱いようです。
欧米人の酒量は想像以上にものすごく、それに応じてアルコールによる肝障害もたいへん多くなっています。
日本人は少量のお酒ですぐ赤くなってしまったり、二日酔いになってしまう人が多く、肝臓に害が出る前に他の症状が出るせいか、それほどアルコールによる肝障害にはならずにすんでいました。

ところが、ここのところ日本でも次第にアルコールに消費量が増え続けそれに伴ってアルコールによる肝障害が増え始めました。
何しろ自動販売機でもお酒が簡単に手に入る時代ですから、若いうちから飲む機会が増えたこと、女性も気軽にお酒がのめるようになったことなどにも原因があるようです。
ただし、同じ量のアルコールを飲んでも肝障害を起こす人と起こさない人がいます。
また、女性は男性に比べ、はるかに肝障害を起こしやすくなっています。

つまり、肝障害の起こる酒量は個人差と性別差があるということです。
しかし、多数例の統計を見れば、飲んだアルコールの量に比例して肝障害が進んでいることは明らかです。
飲みすぎが続けば肝硬変にまで進み、最後はしにつながることもありますから、アルコールは控えるにこしたことはありません。

アルコール分解のメカニズム

肝臓は代謝、毒物の分解などの役目を果たしていますがアルコールの分解も肝臓の役目です。
肝臓に入ったアルコールは最初にアルコール脱水素酵素とMEOSという物質によってアセトアルデヒドに分解されます。
さらにアセトアルデヒド脱水素酵素によってアセテートに分解されます。
そして、このアセテートは最終的に肝臓を出て、水と炭酸ガスに分解されるのです。

よくお酒を飲み続けているとだんだんお酒が強くなってくるのは、このMEOSが増える為です。
また、アセトアルデヒド脱水素酵素は2種類あり、欧米人には2種類そろっているのですが日本人をはじめ、と東洋人には1種類しかない人が大半です。
日本人がお酒に弱いのはそのためです。ああ

肝臓障害の進み方

お酒を飲み続けていると、徐々に肝障害が進行していきます。
ここで、アルコール性の肝障害をまとめておきましょう。

脂肪肝

アルコールを長期間、大量に飲み過ぎた場合最初に起こる病気です。
肝臓に脂肪がつきやすい状態となり、肝細胞に脂肪がたまっていきます。
ひどい場合には一つ一つの肝細胞が風船のように膨らんで肝臓全体が黄色っぽくはれた状態になります。
症状としては右の脇腹の違和感、鈍痛、全身の倦怠感などがありますが、殆んど無症状の場合が多く、健康診断などでよく発見されます。
あまり進行しないうちに発見し、そこでお酒を止め、バランスの良い食事を心掛ければ肝臓はもとの状態に戻ります。

肝線維症

脂肪肝の状態からさらにお酒を飲み続ければやがて肝細胞が壊れ始め線維化が進んでいきます。
このため肝臓の表面は少しずつ凸凹になってきます。
ただし、この段階でもアルコールを中止すれば進行は止まります。

アルコール性肝炎

肝細胞が破壊されることによって起こる状態です。
アルコール性肝炎は長期間の飲酒によって起こりますが毎日ある程度の量を飲んでいる人がある時たまたま大量に飲んだような時には急性アルコール性肝炎が起こります。
食欲不振、吐き気、腹痛や体重減少、さらに進行すると、発熱、黄疸、吐血、意識障害など引き起こします。
肝性昏睡に陥って死に至ることもあります。

肝硬変

大量のお酒、例えばウイスキーの1ボトルを2日に1本あけたり、1日5合以上の酒を10年、20年も飲み続けていると、多くの場合アルコール性肝硬変へと進行していきます。
症状としては初期のうちは全身の倦怠感やお酒に弱くなるなどですが、やがては腹水、黄疸、むくみなどの症状がでてきます。
そして、手掌紅斑、蜘蛛状血管腫、女性化乳房などの症状が現れてきます。
肝硬変になっても初期のうちは入院して徹底的にアルコールを絶てば命にかかわらずにすみます。ともかく、ここまで進行させるほどは飲まないことです。

お酒の障害は10年後に現れる

お酒は昔から「百薬の長」などと言われ、少量ならからだにもいいとされてきました。
確かにお酒は適度な量であれば血行が良くなったり、ストレスの解消になります。
しかし、実際にはアルコールの飲み過ぎは心身に様々な影響を与えます。

その筆頭になるのが肝臓でお酒を飲めば飲むほど悪くなっていきます。
ウイスキーをシングルで5杯以上、日本酒なら3合以上を毎日飲んでいるような人は肝臓に何らかの障害を起こす可能性がかなり高くなります。それも、肝臓の場合すぐにではなく、10年、20年先が危ないのです。
気がついたときはすでに進行していたという事態は避けたいものです。

また、お酒はかなりエネルギーの高い商品ですから、飲み過ぎると肥満や糖尿病、動脈硬化、さらには脳梗塞や心筋梗塞にも進みます。
「百薬の長」という言葉は昔の中国でお酒を国営化した時に消費を拡大するために使われた言葉だそうです。
むしろ、「酒に功罪あり」と考えたほうが良いと思います。

シイタケ菌糸体なら「ゴールドメルファイン」がおすすめ!

会員様は10%OFF

会員登録はこちら 新規会員登録

会員になるとお買物の度に住所などを入力する手間がかかりません。もちろん入会費、年会費など全て無料です。
割引などの特典もありますので是非ご登録ください。

  • 「田七人参100」無料お試し価格で販売中!(メルファインの「田七人参100」が選ばれる理由とは?)
  • 定期購入のご案内
健康マガジン