GOTとGPTについて

GOT・GPTいずれも肝臓内のアミノ酸の合成を促進するという働きを持つ酵素で、2つを合わせてトランスアミナーゼと呼ぶこともあります。

GOTが増えている場合には確率から肝臓の病気の可能性が一番高いわけですが肝臓以外の病気の可能性も十分にあるということになります。
つまりGOTは病気の有無を知る為の手段で、GPTはその病気が肝臓のものかどうかを知る為の手段ということになります。

病期によって変わるGOTとGPT

健康な人
(GOT>GPT)
GPTよりGOTが高く2つの数値に大きな差はありません。
慢性肝炎
(GOT<GPT)
GOT・GPTが同時に上昇しその後、大多数の場合GPTの方が高くなります。
急性肝炎 初めにGOTが上昇し、それからGPTが上昇します。
回復期に入るとGOTが下がりそれからGPTが下がりだします。
肝硬変
(GOT>GPT)
GOTとGPTが2倍近く高値を示すことが多い。
その後数値の差がまず縮まってきます。そして、GOTとGPTの数値が逆転してGOTの方が高くなります。なおかつ、数値もそれほど高くありません。
肝ガン
(GOT>GPT)
GOTとGPTが3倍近くの高値を示すことが多い。
肝硬変と同じくGOTよりGPTが高い状態がさらに強くなります。

※GOTとGPTの数値だけで病期が決まるわけではありません。他の検査結果と総合して判断することが重要です。勝手な自己判断はやめましょう。

GOT・GPTを下げる

肝細胞はタンパク質で出来ています。肝細胞の修復・再生を促進するにはタンパク質の合成能力が高いことが必要です。
そのためには酵素の活性化が重要になってきますが、これらの酵素を活性化するには必須ミネラル(16種類)やビタミンが必要です。

シイタケ菌糸体なら「ゴールドメルファイン」がおすすめ!

会員様は10%OFF

会員登録はこちら 新規会員登録

会員になるとお買物の度に住所などを入力する手間がかかりません。もちろん入会費、年会費など全て無料です。
割引などの特典もありますので是非ご登録ください。

  • 「田七人参100」無料お試し価格で販売中!(メルファインの「田七人参100」が選ばれる理由とは?)
  • 定期購入のご案内
健康マガジン